家族に内緒で収入のない専業主婦でもカードローンなら借りれます

 

配偶者の収入次第では専業主婦でも借りれる!

収入のない専業主婦でもお金が借りれるのが銀行のカードローンです。夫の在籍確認や同意書など必要ないです。安心ですね。

必要書類は奥様の身分証明書だけで大丈夫です。

銀行のカードローンは専業主婦でも少額の借入れ枠を設定されています。ですので収入のない専業主婦の方でも借りることができるんです。本人確認書類を提出するだけで借りれます。手間がかからないんです。インターネットや電話、郵送等で申込ができます。インターネットであれば24時間申込可能です。

カードローンの審査は時間がかかりません。

最短で1時間で結果がでる銀行もあれば即日中にわかる場合がほとんどです。融資までの日数も短いです。指定口座に即日入金してもらえます。

本人確認書類の提出も簡単です。

スマホや携帯で本人確認書類を写真で摂ってデータを送ったり、専用のアプリをダウンロードして送ったり、もしくは郵送したりします。銀行によって提出の仕方が異なりますので申込の際に問い合わせてみると良いでしょう。現在、他社で借入れなどされている場合はきちんと記入したほうが良いでしょう。

いい加減な記入をしてしまうと審査が通らない場合もありますので記入は丁寧に行ったほうが良いです。

急な出費に備えてカードローンを利用してみてはいかがでしょう。銀行のカードローンは専業主婦には便利でおすすめす。

 

配偶者の年齢や収入状況に注意が必要!

専業主婦の場合、銀行カードローンやフリーローンは配偶者に安定した収入があれば契約出来るものが多く、貸金業者のキャッシングローンなら配偶者の同意を得られれば契約出来るものがあります。ここで注意しなければならないのが、『配偶者に安定した収入がある』や年齢制限であり、若い方ならいいものの、年配の方や契約を継続する方は契約およぼ更新が出来なくなってしまいます。

つまり、配偶者が定年退職により、年金受給やパートやアルバイトとなった場合において貸付条件から外れてしまいます。また、契約者となる専業主婦自体は貸付年齢制限に該当するものの、配偶者が高齢となってしまい対象外になってしまいます。

専業主婦の場合、配偶者が就労しているうちはいいものの、将来的に貸付対象外となってしまい、利用可能期間が短くなってしまいます。そのため、配偶者との年齢差がある専業主婦の方は、後々パートやアルバイトで収入を得るということが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。