専業主婦は本当にキャッシング審査に通るの?

 

専業主婦のキャッシングについて

専業主婦がキャッシングをする場合、総量規制というものが貸金法にあるので、消費者金融系でのキャッシングは基本的に出来ません。

しかし、配偶者貸付を行っている金融業者なら、専業主婦でもキャッシングが可能です。

また、銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、専業主婦で自身の収入が無い場合でも、一部銀行系カードローンが利用できます。配偶者貸付の条件は、夫に安定した収入があることです。その際に必要な書類は、本人確認が出来る証明書や、夫婦を証明する物、夫の同意書、夫の収入証明書などが必要です。

銀行系カードローンの場合は、夫に安定した収入があることを条件に、キャッシング出来る所があります。銀行系カードローンは、消費者金融系に比べて金利が低いので、まず銀行系から申し込むのが良いかも知れません。

キャッシングに申し込む際は、審査があり専業主婦の場合でもその対象です。審査基準は、金融業者の基準によって変わりますが、金融実績が主な審査対象となります。

専業主婦でも借入可能な銀行カードローン

比較的簡単な手続きでお金を借り入れる方法として消費者金融のキャッシングはとてもメジャーな存在として知られています。

しかし、消費者金融のキャッシングの場合、総量規制の対象となっていることから最大でも年収の三分の一までしか借入をすることができない決まりになっています。

つまり、本人に自分の収入が全くないという無職の人や専業主婦といった人は消費者金融のキャッシングでお金を借り入れることは事実上できないのです。

ただし、無職の人や専業主婦のような自分の収入がないという人であっても急場の金策に対応できるサービスが皆無というわけではありません。

たとえば、銀行カードローンでは消費者金融のキャッシングのように総量規制の対象とはなっていないので、配偶者に安定した収入があることが前提条件となっていますが、所定の借入審査に通ることさえできれば自分の収入がない無職や専業主婦の人であってもお金を借り入れることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。