パートで働くと専業主婦より審査に通りやすくなる?

 

手軽に利用できるキャッシング機能の罠

今月、ちょっと厳しいなぁ、と、誰しもが思った事があるのではないでしょうか。ふとよぎる、クレジットカードでのキャッシング。キャッシングとは、クレジットカードを利用して現金を引き出すことができる機能です。

クレジットカードの明細を確認すれば、キャッシング枠がいくらまで、と記載があったりしますよね。ただし利用するには注意が必要です。コンビニのATMを利用して手軽に利用できるキャッシングですが、利息がかかるのです。

利息とは、お金を借りるためのレンタル料のようなものですね。利息はクレジットカードの会社により異なりますが、借りた金額によっても変動します。簡単に説明しますと、借り入れる金額が多くなれば多くなるほど利息は安くなります。

お金が足りなくて小額借り入れたが、返すお金が思いのほか高額になってしまうこともあるのです。なので、返すお金が足りず、借金を繰り返してしまうような人も出てきてしまいます。

敷居が低く感じるキャッシングですが、よく吟味してから利用するようにしましょう。

 

急な出費で困った時には便利です!

カードローンは銀行や消費者金融から担保なしで分割で借りられて、カードを使用してお金を借りる事からカードローンと言われています。カードローンの申し込みには「働いている」事が条件になりますのでパートやアルバイトの方でも申し込みはできますよ!

カードを作る方法は様々で直接銀行に行って作る事も出来ますし、消費者金融の無人契約機でもカードを作れます。またカードを作る際に収入証明書(給与明細・源泉徴収票・所得証明書)を持参すれば収入の三分の一の金額まで借り入れができます。

冠婚葬祭が続いて金欠な時やお給料日までのつなぎで利用するには手軽で良いかもしれません。銀行でカードを作るメリットはズバリ金利です、銀行は金利が低いので高額な借り入れを希望するときは銀行がいいでしょう。しかし審査基準が高いので審査に落ちてしまうケースもあります。

消費者金融の場合金利は通常18%~なので低いとは言えませんが審査基準が低いので割とすんなりカードが作れます。急な出費でどうしてもお金が必要な時は利用しても良いかもしれませんね!しかしご利用は計画的にです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。