パート主婦が通りやすいカードローンはどこ?

 

パートやアルバイトがカードローンに申込みをする際の注意点

最近では、銀行カードローン・ノンバンク系カードローンを問わず、パートやアルバイトであっても申込み可能とされている商品は多くありますし、少ない手間と時間で契約できる商品が多くなっています。しかし、パートやアルバイトでも申込み=誰でも契約ができる、というわけではありませんし、申込みの際に気をつけなくてはならないことが幾つもあるのです。

パートやアルバイトがカードローンに申込みをする際に最も気をつけたいのが、現在の勤務先での勤続期間がどうなっているのか、そして毎月の収入はどうなっているのか、という事となります。

カードローン審査の際には「継続的に安定した収入があること」を重要視しているので、単発のパートやアルバイトばかりしている場合や、月によって収入に大きさがある場合などには、継続的かつ安定した収入がある、と判断してもらえず、審査落ちしてしまうケースが多くなっているのです。

できれば、現在の職場での勤続期間が6ヶ月を超えてから申込みをすると良いでしょう。

パートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも安心なカードローン

パートやアルバイトなど非正規雇用の労働者として働いているという人の場合、銀行などの通常のローンでは審査に落とされてしまう可能性が高いとされています。

なぜならば、パートやアルバイトとして働いている人の場合には会社の都合で雇用契約を打ち切られてしまったり、あるいは短期間でほかの職場へ転職してしまうケースも少なくはないからです。お金を借りる際にはその人本人の収入を担保にして融資が行われるので、パートやアルバイトなどの非正規雇用の人に対しては収入が安定していないとみなされて審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまうのです。

ただし、例外としてカードローンではパートやアルバイトなどの非正規雇用の人であっても本人の収入があるという点をクリアさえできれば審査に落とされてしまう心配はほとんどありません。勤続年数に関係なく、カードローンの申し込みをした人に収入があれば特に問題はないのです。

しかし、非正規雇用の人の場合には収入が安定しているとは言い切れないので、正社員として働いている人と同様の限度額は期待できません。非正規雇用の人に対してはどうしても限度額が低くなってしまう傾向があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。